子犬の育て方を勉強しました

勉強をしました。子犬を飼うということは大切な命を預かり、育てるということです。その犬が生涯幸せに暮らしていけるのかどうかは、すべて飼い主の手にかかっています。犬を飼ううえで重要なのは食事、運動といった生活の基本を満たしてあげることです。まずは、良質なフードを適量与えることです。そして、十分な運動をさせることです。これは夜ぐっすり眠ることにもつながります。サークルを置く場所は、エアコンの風や直射日光が当たる場所は避けて、風通しのいい壁際にしましょう。タッチトレーニングは、犬が体のどこをさわられても平気なようにするため行います。3~16週間ごろの社会化の時期に何度も行い、完了させておきたいものです。毎日行い、上手に出来たら静かに声をかけほめてあげましょう。子犬は月齢が低いほど、1日の多くの時間を眠って過ごします。古来から日本に生息する柴犬は日本の気候に合った体を持つため、昔から外飼いされることが多い犬種です。http://www.sportlagune.nl

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ